Top > 土地月間(10月)

平成30年度「土地月間」について

土地は、国民のための限られた貴重な資源です。H30土地月間.jpg
将来の子供たちのため、明日の豊かな暮らしのためにも土地の有効利用が大切です。
土地の有効利用の実現のためには、国や地方公共団体が出来る限りの取り組みを行うことはもちろんですが、何よりも土地施策への国民の皆様のご理解とご協力が不可欠です。
土地に関する最新の動きとしては、いわゆる「所有者不明土地」の利用の円滑化に向けた施策を総合的に講じるため、所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法が本年6月に成立したところです。
国土交通省では、毎年10月を「土地月間」とし、10月1日を「土地の日」と定め、土地に関する基本理念の普及・啓発活動の充実を図っており、国と地方公共団体さらには関係団体等が主体となって、全国的な普及・啓発活動を展開することとしております。
この機会に、豊かで安心できる住みよい社会を築いていくために、皆さんも是非一度土地の有効利用について考えてみませんか。

1.実施期間
平成30年10月1日(月)~31日(水)

2.実施主体
国土交通省、地方公共団体、土地関係団体等

3.行事内容
・講演会、無料相談会などの実施
・ポスター、パンフレット、啓発冊子の配布等

※詳細については、国土交通省のホームページをご覧ください。